平日だけではない即日融資のキャッシング

最近では週末の資金需要に合わせて、消費者金融各サービスも土日であっても即日融資で対応可能としているところが増えています。ネットで申し込みをして自動契約機に行く形や、中には特定の銀行口座に限り、週末でも時間や曜日に関係なくすぐに振り込んでくれるところもあります。

 

スピーディに借りられるのは平日も週末も変わらなくなってきていますので、すぐに現金が必要であれば、週末でも利用が出来る即日融資を考えてみると良いでしょう。

 

 

キャッシング契約で気になること

キャッシングの契約をする際に気になることが色々とあります。まず必要書類として何が必要なのか気になります。契約時に提出する書類は限度額によって異なります。限度額50万円以下では本人確認書として運転免許証や保険証やパスポートなどの写しを1つ提出します。限度額50万円を超えるか、他社借入との総額100万円を超える場合は本人確認書に加えて収入証明の提出が必要となります。

 

また在籍確認が気になるという人もいます。キャッシングの契約では必ず在籍確認を行います。申込者が本当に申告した通りの会社に在籍しているか確認をすることはとても重要なチェック項目です。このときキャッシング会社から申込者の勤務先に直接電話を入れて確認します。

 

でも自分の職場にキャッシング会社から電話があると会社にバレると心配するかも知れません。でも電話の際は会社名を名乗ったり、キャッシングに関する内容は言わないので心配いりません。担当オペレーターの個人名で電話して簡単な確認をするだけです。なので心配する必要はありません。

 

自分のことで何か調査されるかも気になります。キャッシングに申込んで審査を受けると、会社では必ず信用調査を行います。他社での借入金の状況や、借入の会社の数や、金融事故の有無なの確認を行います。このとき信用状の問題があると借入できなくなるので注意が必要です。

 

確認が完了しないと即日融資は利用できない

最短で即日融資対応であるとしても、契約前の確認が完了しないと当日中の利用は出来ません。在籍確認などを含めた本人確認となりますので、週末で会社が休みで確認が取れないと、当日にお金が借りられないのです。

 

そのあたりも含めて借りる際にはしっかりと情報の整理をすべきですので、急ぎで申し込みをするとしても即日融資対応情報については事前にしっかりと見ておくようにしましょう。

 

主婦でも可能なキャッシングとは

パートやアルバイトで収入を得ている主婦は、キャッシングのご利用が可能かどうか、気になるところでしょう。無収入のケースであれば、借り入れのご利用機会が大変限られることを、簡単に理解できます。では先程の例の様に、正社員程の年収を得ていない場合でも、キャッシングは可能なのでしょうか。

 

企業の貸し出し基準は、ホームページ上の情報から確認が可能です。ホームページ上では主に、収入が安定していることと、見出しがついていることでしょう。これでは本当のところを理解できません。もっと具体的な内容を知る必要があります。

 

業界に勤務したことのある人の証言によれば、職業については貸し出しの可否に、それ程影響しない様です。重要なことはやはり、収入を得ていて尚且つそれが安定していることです。よって単発的なお仕事で稼ぐ人にとっては、不利な条件となるでしょう。先程の例を振返れば主婦であっても、パートやアルバイトで毎月一定の収入を得ていれば、問題なくキャッシングの申し込みを受理されるはずです。

 

ちなみに、収入が全く無い主婦のケースでも、ある制度を用いればキャッシングの見込みを立てられます。配偶者貸付制度を利用すれば、配偶者の収入状況によっては借り入れが可能でしょう。

 

パート主婦なら大手でも即日利用も可能となる

パートによる安定した収入を得ている方は、大手の消費者金融キャッシングサービスのプロミスの利用も可能です。プロミスなら女性も安心ですので、初めてお金を借りる方にも人気です。

 

平日14時までのWeb契約なら、銀行振り込みによってスマホ対応のプロミス即日融資となりますので、お金に困った際にはチェックをしてみると良いでしょう。